データ復旧費用は安くない。こまめなバックアップを。

技術の進歩により、ハードディスクの容量は増加し値段は安くなり、大容量ハードディスクを個人で簡単に所持出来るようになりました。

それにより、大容量データも容易に扱えるようになり、ハードディスクに多くのデータを保存しておられる方も多いと思います。
ハードディスクに関して、注意しておかなければならない点として、故障が上げられます。

ハードディスクは消耗品であり衝撃等にも弱い為、物理的に故障してしまう事が度々あります。
また、誤ってシステムファイルを消してしまった等でパソコンが起動出来なくなる人為的ミスというのも起こりえます。

バックアップを取っていない状態で、その症状に出くわした時の衝撃は、計り知れないものです。ただ、諦めるのはまだ早い。
パソコンが起動出来ない、ハードディスク内に存在するデータが参照出来ないといった症状は、ハードディスクの物理的障害やマスターブートレコードの破損・消失などの論理的障害が多いので、データ復旧は可能なのです。

ただし、データ復旧にはその状況・症状に応じた費用がかかる事を覚悟しておいて下さい。
特に、物理的に故障したような重度の損傷においては、復旧とパーツ交換費用がかかるため、数十万円単位になる事が有ります。

そういった事象が起こる事を予測しておき、こまめにバックアップを取る事をお勧めします。
現在は大容量のハードディスクの値段が安いので、バックアップ用のハードディスクも購入し、いざという際に備えておく事も大事です。