データ復旧に伴う費用の削減方法について

関東で地震が起こった時など、システムのデータ復旧における迅速な対応ができるように、常にリスクヘッジをしておかなければならないでしょう。例えばどのような対策が立てられるのでしょうか。対策としては、バックアップをとっておくサーバを複数箇所に配置しておいて、災害に備えるという方法があります。これは費用はかかるものの、対策として万全のものと言えます。この方法を応用していけば、さらにコストを削ることも可能です。海外にサーバを配置してコストを削減することもできるでしょう。人件費が安い国に保守担当のエンジニアを採用して運用していくことも可能です。人件費の問題については、今後ともずっと人件費が安いままとは限らず、時代の流れ、国の景気などを常に伺いながら考えていかなければなりませんが、費用の削減と人件費管理のコストを天秤にかけて、メリットがあると判断できれば、すぐに実行に移すべきでしょう。データ復旧は保守にかかるコストを削減していくことを考えなければなりません。人件費の安い国に保守を任せる以外にも方法は色々とあるでしょう。自宅からでもサーバの保守ができるのであれば、その管理人は正社員である必要すらないかもしれません。コストがかからないフリーのエンジニア、サーバの重要度に応じて派遣社員に遠隔で管理してもらえば、コストを削ることができるかもしれません。これらのように、コストを削る場所はいくらでもあるので、様々な方法を模索するのも面白いでしょう。